スポンサードリンク

ブーツ

ブーツ


ブーツは、少なくとも踝までの足、多くの場合それ以上を覆う履物。長靴

(ながぐつ)とも呼ばれる。種類によっては膝や太もも、尻を覆うものもあ

る。様々なヒールの高さや色、素材、デザインがある。多くのブーツでは、

同じ素材から作られたヒールであっても、はっきりとソールのほかのパーツ

と区別がつく形をしている。



ブーツは周囲の環境から足を守るために作られているものが多く、皮やゴム

などの強靭な素材を使用し、水や泥、砂がブーツの隙間から入り込まないよ

うに、設計されている。他のブーツは登山や木材の間伐などの時に破片や鋭

い物体から足を保護するために設計されている。これらの頑丈な労働用の

ーツ
の一部は、パンクファッションに取り入れられている。



軍隊(軍服)においては、戦闘用の履物としてブーツが採用されることが極

めて多い。この軍用ブーツの場合、概ね膝のあたりまである長いブーツを長

靴(ちょうか)と呼び、踝と膝の中間のあたりまでの長さのものを半長靴(はん

ちょうか)と呼ぶ。乗馬の騎兵は長靴に拍車を付けていたが、馬が使用されな

くなるにつれて長靴は余り使用されなくなっている。現在でも長靴を使用し

ている陸軍では儀礼用としてのみ使用されることが多く、戦闘用としては半

長靴が主流である。なお、戦闘任務以外では普通の革靴(オックスフォード

と呼ばれる)が着用される。



警察においても外勤での活動性の良さからブーツ着用が奨励されている。警

察官の制服のなかにはブーツも含まれ、制服支給の際に同時に配布される。



女性用のブーツはファッション性を意識して作られたものが多く、鋭く尖っ

たヒールや高下駄のように大きなソール、尖ったつま先、ジッパーや複雑な

編み紐が用いられている。最近はギャルがよく履くようになり、厚底靴とほ

ぼ同義になっていることもある。



スキーやスケート、スノーボード、オートバイなどのスポーツ用に特別に設

計されたブーツが数多く存在する。また、ブーツを愛玩の対象とするフェテ

ィシズムも存在する(ブーツフェティシズム)。



高いブーツの一部には、紐や取っ手がついていて、着用を容易にする仕掛け

が施されている。ドイツにはブーツを履こうとしていた子供が、この紐を引

っ張っていて気がついたら空を飛べるようになっていたという物語がある。

この取っ手や紐を諺として様々な場面で用いている。




ブーツには様々な言い回しや諺、慣用句がある。熟練した労働者を作業用に

履いている頑丈なブーツに例えて、"tough as old boots" (古びたブーツ

同じくらい頑丈だ)と言う。また、漫画などでは釣りに行ったのに1匹も魚が

釣れずに困っている状態を、ソールが壊れたボロボロのブーツを釣り上げさ

せることで表現する。


捨てられたブーツを利用して作られたメンドーザ (mendoza) と呼ばれる楽器

がある。



ブーツ
激安ブーツ,ブーツの館,乗馬ブーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。