スポンサードリンク

エンジニアブーツ




エンジニアブーツ


履き込んだレッドウィング社のエンジニアブーツ。型番RW-8767 ヌバックを

用いた日本限定モデル。エンジニアブーツとは、主に労働者が着用する安全

靴のことである。



靴紐は、作業者が足下のモノに足を引っ掛ける恐れがあるため、除外されて

いる。替わりにベルトが甲からくるぶしあたりについている。



ブーツブームである最近では、単に安全靴としてではなく、ファッションの

一部として取り入れられている(過去木村拓哉が着用したことにより人気が

爆発したと思われる)。女性専用ブーツとは違い、男性にはいわゆる「ロン

ブーツ」がほぼ存在しないのが現状であり、エンジニアブーツが適当な準

ロングブーツとして多用されているのが実際ではないだろうか。



また、ライダーに、その安全性と、ファッション性から乗車時に履かれる事

がある。特に、アメリカン・クルーザータイプのオートバイに乗る人々に多

く見られる。



最近では、街履きとして、エンジニアブーツブーツカットタイプのパンツ

などとともに履かれている光景をよく目にするが、そもそも、裾を含めて足

下の物に足を引っ掛けないようにするためのブーツであるため、裾はブーツ

の中に入れて(ブーツイン)履くべきであるという考えも一部ではある。






特徴

エンジニアブーツと呼ばれるブーツには、次に挙げる特徴がある。



つま先に鉄製ないしはプラスチック製のカップが内蔵されている。(つま先

を守るため)


筒部の最上部に小さなバックルつきのベルトがついている。(ブーツインの

際、適度にふくらはぎ部を締めることにより裾が出てくるのを防ぐため)


くるぶしあたりにバックルつきのベルトがついている。(バックルは外側に

ついている)


ベルトで締めるため、紐はついていない。(レースアップタイプではない)


トゥはプレーンタイプである。






注意点


エンジニアブーツは、もともと作業用に作られたものであるため、次のこと

に留意しておく必要がある。



いわゆるビブラムソールとは違い、エンジニアブーツ専用のソール(ネオプレ

ーンソールなど)を使用していることが多い。このソールは、耐油や耐磨耗に

は優れているが、滑りやすいため、登山などにはまったく不向きである。


トゥのカップは、革を痛め易い。(革が傷つきやすい)


空港などの金属探知機付きゲートを通過するとき、ほとんどの確率で検査に

引っかかる。(トゥの金属製カップが原因か)






製造会社


レッドウィング(Red Wing)社 (日本においてエンジニアブーツといえば、

ほぼ米国レッドウィング社製のエンジニアブーツを指すであろう)


  レッドウィングジャパン(株)の設立に伴い、ミドリインターナショナ

ル(株)に 代わり、レッドウィングジャパン(株)が日本正規輸入代理店と

なった。



  (尚、ミドリインターナショナル(株)は、安全衛生保護具等の製造販

売を行うミドリ安全のグループ会社である。)



チペワ(CHIPPEWA)社


ウェスコ(WESCO)社 (ウェスコ社のエンジニアブーツは高価(10万円程)する

が、一部バイカーに人気が高い)





外部リンク

レッドウィング社(米国) http://www.redwingshoes.com/

チペワ社(米国) http://www.chippewaboots.com/

ウェスコ社(米国) http://www.westcoastshoe.com/wesco

レッドウィングジャパン(株) http://www.redwingshoe.co.jp/


エンジニアブーツ
激安ブーツ,ブーツの館,乗馬ブーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。